This page is intended for users in Australia. Go to the page for users in United States.
バックエンドエンジニア

チャレンジすることが好きな方!VALU バックエンドエンジニア募集

株式会社VALU

株式会社VALU members

View all (2)
  • 慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント卒業後、株式会社グリーに入社。2012年より、グリー米国支社に赴任し、全米3位のモバイルゲームのリード・サーバーエンジニアを務める。帰国後、ホテル予約サイトなどの新規事業を牽引し、退社。退社後は、フリーランスのエンジニアとして、複数の新規事業を立ち上げる。その後、AccumBitを創業し、Bitcoin・Blockchainを用い、サービスの開発を進める。
    2016年12月、株式会社VALUを創業し、代表取締役に就任。

  • 筑波大学卒業後、株式会社フロム・ソフトウェアに入社。ダークソウルシリーズのゲームサーバ設計・実装・運用を務める傍ら、個人でもWebチャットやオンラインゲームなど複数のサービスを開発。VALUのパロディサイト「NILU」を作ったことがきっかけで、2017年10月 株式会社VALU 入社。

What we do

  • 869300d2 6acf 4234 91ed 14620f3757bd?1545811472 やりたいことを実現するために、仮想通貨で資金調達ができます。
  • 50d715a5 53d6 457b 9138 9ff16a2c7fba?1545811775 VALUのSNSで活動をアピールして、個人の価値を売買できます。

「VALU」は、"なりたいもの"や"やりたいこと"を実現するために、世の中の人々に継続的に支援を募ることができるSNS機能付きマーケットプレイスです。

「VALU」の使い方の一例としてはこんなケースがあります。
・プロカメラマン志望者が、30万円する一眼レフカメラやレンズを買うのに、アルバイトで稼ぐには時間がかかるので一挙に資金を集めたい。
・容姿端麗の若い女性がモデルを目指しているが、歯並びにマイナス点がある。歯科矯正すれば売れっ子になることは間違いなし。その歯科矯正費用を集めたい。
・地元を盛り上げるために地方活性化イベントの資金集めたい。
・東南アジアの孤児院への寄付金に使いたい。

個人事業者やフリーランサー、さらには主婦や学生といった人たちも、何らかの現在価値が評価され、継続的に支援を募れることができる世の中を「VALU」は目指してします。

VALU
https://valu.is/

メディア掲載
◇TED
https://youtu.be/qvkWsZQlX70
「新しい資本について」というタイトルで「信用」と「経済」の関係について語っています。

◇FORBESJAPAN
VALU、再び表舞台へ──彼らが目指す信用経済のあり方、資本主義のその先
https://forbesjapan.com/articles/detail/21743#

◇FastGrow
VALUは救世主か破壊者か? 開発者・小川晃平インタビュー
https://www.fastgrow.jp/articles/valu-ogawa

◇日本経済新聞
「VALU、個人の価値を売買 SNSが信用経済を形成」
https://www.nikkei.com/article/DGXKZO19870420Q7A810C1H56A00/

◇「VALU、コロプラ元副社長の千葉氏が出資」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24230500U7A201C1XY0000/

Why we do

  • C879983c d36c 4f09 9331 2dff97bbdf88?1545813107 日々アップデートし続けるVALUエンジニアたち。
  • 5f82b041 3107 4082 9f98 29c50622ce3e?1545813107 天気のいい日は気分転換にバルコニーで意見交換や雑談をしたり。

【ミッション】
当社が掲げているミッションは、「世界中の信用を評価して、資本主義をアップデートし続ける」というものです。その根底には、「現在の資本主義の在り方は不平等」との問題意識があります。

【VALUが目指している世界】
フランスの経済学者であるトマ・ピケティは、“r>g”という公式で格差社会を説明しました。“r”とは株や不動産などの資産運用利益率で、“g”は経済成長率、狭義にいえば所得の伸びです。現状は“r>g”となっているので、資産を持つ人と持たざる人の経済格差は広がる一方ということです。

経済社会は“金融経済”と“消費経済”のしくみで成り立っているといえますが、金融経済のしくみのメリットを享受できるのは、株式・不動産などの金融商品を持った投資家・起業家という一部の人だけ。街の美容サロンやラーメン店のオーナーといった個人事業者や、クリエイターとして活動しているフリーランサーといった人たちは、享受できないのです。

株とは、株を発行する企業の現在価値を評価し、その将来価値を予測して値上がりを期待し購入(投資)するものです。起業家が会社を設立し事業を軌道に乗せれば、そこに信用が生まれ、IPOをすれば億円単位の資金を得ることができます。金融経済の典型的なメリットです。

一方、街のスタイリストは、顧客からサービスの代価を得る消費経済のしくみだけで成り立っています。独立開業し美容院チェーン運営会社でも設立しない限り、金融経済のそうしたメリットは享受できません。
そこで、個人事業者やフリーランサー、さらには主婦や学生といった人たちも、何らかの現在価値が評価され、投資してもらえるようにすれば、金融経済的なメリットを享受できるのではないか。そのことを通じて資本主義を変えていけたら、面白いのではないかとの思いがあるのです。

世の中には、株にまつわる企業の評価が得意な人もいれば、ラーメン店の評価が得意な人も、ミュージシャンやスポーツ選手、芸人の評価が得意な人もいます。そういう人たちが、資本主義的なルールに則してラーメン店オーナーの野望やミュージシャンになる夢を追う人、プロスポーツ選手目指して練習に励む人、芸人のタマゴといった人たちを評価し、株のように売買できるプラットフォームをつくれば、資本主義の不平等の解消に近づくのではないか、と考えています。

How we do

  • 34a62121 518f 4536 9dd9 83b48a34eaaf?1545813107 外苑前駅の新オフィス!フリーアドレス制でお仕事。
  • 07e105bd 3f77 4214 98b6 7f599b2cffb2?1545813107 ソファー席で社内MTGやランチ休憩。

【目指している世界を実現するために】
その実現のためのプラットフォームとして、2017年5月にリリースしたのが、社名でもある「VALU」です。「VALU」は、当社が認定した人の“なりたいもの”や“やりたいこと”を実現するために、世の中の人々に継続的に支援を募ることができるSNS機能付きマーケットプレイス。

認定基準は、主にFacebookやTwitterなどのSNSの利用状況や、情報商材やマルチビジネスといった、当社が相応しくないと判断しているビジネスを行っていないこと。認定されると、「VA」と呼ぶ疑似的な株――「ポケモンカード」や、プロ野球選手などのトレーディングカードに近い概念――を発行し、価格を自由に設定して売り出すことができます。取引はビットコインを用い、トークンの発行にはOpenAssetsプロトコルを利用。ビットコイン取引所機能も持っているので、誰でもスムーズに参加できます。

「VA」を発行して資金を集めたい人は、「VALU」のウォール上で、どんな目的で何をしたいのか、といったことを宣言し、その活動内容などを投稿し続けることで、共感・応援したい一般ユーザーから「VA」を買ってもらうことができます。「VA」発行者の信用度は、フォロワー数や投稿内容によって判断されます。「VA」は自由に売買できるので、株と同様、その人の価値が認められて「VA」が買われれば買われるほど価格が上がり、売られれば価格は下がります。ここに“金融経済”のしくみを取り入れているわけです。

「VALU」の使われ方としては、次のようなケースが一般的でしょう。
・プロカメラマン志望者が、30万円する一眼レフカメラやレンズを買うのに、アルバイトで稼ぐには時間がかかるので一挙に資金を集めたい。
・容姿端麗の若い女性がモデルを目指しているが、歯並びにマイナス点がある。歯科矯正すれば売れっ子になることは間違いなし。その歯科矯正費用を集めたい。
そのほか、地元を盛り上げるために地方活性化イベントの資金を集めたり、東南アジアの孤児院への寄付金に使うといったケースもあります。どんな人がどんな使い方をしているのか、ぜひ「VALU」にアクセスしてみてください。

2018年12月現在、「VA」を発行している人は約2万人で、そのうち1万人が応援者に買ってもらえています。応援側の登録者は約10万人を集めています。当社のビジネスモデルとしては、「VA」発行時に10%、および発行時に買った応援者から1%、応援者同士の売買の場合は双方から1%ずつを手数料として頂いています。

◇VALU のはたらく環境
VALU ではメンバーがストレスなく働けるような環境づくりを心がけています。 メンバーがより高いパフォーマンスを発揮できるよう、働く環境づくりは、優先事項の高い経営課題として常に考えて、日々アップデートしています。

◇VALU はこんなところ
- 自由に意見交換ができるフラットな関係性
- やりたいことがあれば手をあげて実行できます!
- 落ち着いて仕事がしたい方にぴったりの職場
- フリーアドレス制
-11月に外苑前駅近くの新オフィスに引っ越したばかり!
- MacPCのカラーとキーボードの言語をお選びいただけます。
- 入社時Welcomeランチ
- ウォーターサーバー、お茶、オフィスグリコ、美味しいコーヒー豆を常備しています。
- トイレは男女別

最高のパフォーマンスで働くための環境を、一緒に作っていきましょう!

Description

VALU のエンジニアは企画から開発、リリースまで、エンジニアが自分たちで考え、実行に移しています。

またリリースのみではなく、ユーザーの声を聞くことで更に次の改善を高速で行う組織体制を構築しようとしています。

テクノロジーで世界にイノベーションを起こすための自動化・最適化アルゴリズムのようなコア技術、ブロックチェーンを利用した分散取引など今後の予定やアイデアなど様々あります。

◇業務内容
VALU および新規プロダクトのバックエンドシステム設計 ・実装・運用

◇必須のスキル
-RDB を用いた Web サービス開発の経験
-バージョン管理システムを用いたチーム開発の経験

◇歓迎スキル
-金融システムの開発経験
-ポイントサービス・課金システムの開発経験
-SECCON 等セキュリティコンテストに参加したことがある
-業務で Amazon Web Service を使ったことがある
-Chef, Ansible など構成管理ツールを使ったことがある
-他人のコードに Pull Request を送ったことがある
-オープンソースプロジェクトに参加している
-Qiita やブログで技術記事を公開している

◇求める人物
-コミュニケーションをとるのが好きな方
-新しいことにチャレンジすることが好きな方
-責任を持って自発的に働ける人

堅苦しい面接ではなく、フランクにお話できる場を設けています。
気軽になんでも質問してください。

Values

View more
Exceptional team members

VALUは、少数精鋭チームの体制です。エンジニア、デザイナー、マーケティング、バックオフィスそれぞれが前職でコアメンバーだった優秀な人... Show more

Product-driven

判断基準はプロダクトになります。「評価経済社会」という未来のプラットフォームになるために日々開発を続けています。

Flat organization

判断を早く、プロダクトを優先するために、各メンバーの意思決定の範囲が大きく、それぞれがフラットにコミュニケーションできる環境を作っています。

Highlighted posts

Basic info
Looking for バックエンドエンジニア
Job type Mid-career
Company info
Founder 小川 晃平
Founded on December, 2016
Headcount 20 members
Industries Financial Services / Insurance / IT (Internet/Mobile) / Media / Publishing

Recommendations (6)

There are no recommendations yet.

Recommendations (6)

There are no recommendations yet.

Location

東京都渋谷区神宮前三丁目42番2号 VORT外苑前III3階

Page top icon